一流は不労所得を得る!人生と身体を変えたダンス

一流は不労所得を得る!人生と身体を変えたダンス

ダンスをする瞬間は自分を感じる事が出来る。一流の人は結局仕事だけに生きれる。なぜならお金も自動的に入ってくる不労所得が多いからだ。

 

作家活動の中では小説を書いて出版社と交渉をします。また文章を書くのが仕事なので頭を使うイメージが強いです。

 

 

 

私が夢中になったものは音楽だったので長い付き合いです。その音楽はロックというジャンルだったので、実際には色々な作品や楽曲と出会いました。私がこのロック音楽に熱中したのは10代頃の時です。

 

 

 

その時の自分はロックが好きで色々な作品や楽曲を集めていました。また一人で何時間でも音楽を聴いていたので、周囲との繋がりを忘れていたこともあります。また私は聴いた作品や楽曲をインターネットでレビューするようなこともしました。

 

 

 

そして時には友人たちと好きなロックバンドの話をしました。私は外国のバンドが好きだったのでマニアックな話になりました。友人たちはそれを聞いて驚いていたことを覚えています。

 

 

 

またこの趣味は今でも継続しているので、自分にとっては重要なものだと思います。またロックはストレス解消にもなるので頻繁に聴いています。そして自分は更に新しい作品や楽曲を探したいと思っています。

 

 

 

 

結局は趣味があることで自分は自由になれるような気がします。10代の頃にロックに夢中になったのも自由のためです。子の音楽には壮大な世界観があるので、自分の感情を解放するために役立ちます。

 

 

 

私は今でもロックが好きなのでこの世界を追求したいです。そして最終的には世界中のロックの音源を集めたいです。今でも非常に多くの音源を所有しているので、更にそれを部屋に増やしていくことが狙いです。

 

 

 

 

 

私はこの趣味が大事なので常にロックのことを考えています。また好きなバンドも研究して様々な知識を身に付けたいです。そうした付き合いを続けて自由に生活を送りたいです。